Menu

整形外科でエラ削りをうけた後の効果

一口にエラと言っても、骨格が原因となっているだけでなく、筋肉が必要以上に発達していることによって起こるケースもあります。骨が原因となりエラが張っているケースでは、美容整形外科でエラ削りをすることで小顔効果を得ることができます。エラ削りの他にもボトックスを注入し、エラを解消する施術方法もあります。ボトックスは手軽にできる反面、永久的な効果は得られず、永久的な効果を得るためには定期的に施術を行う必要があるため、コストが掛かります。しかしエラ削りでは、手術によって筋肉や骨を削るため効果は永久的に持続し、元に戻ることはありません。自分が求めている理想のフェイスラインを一生持続して手に入れることが可能となるのです。更に、今まで人に与えていた印象もガラリと変えることができる効果もあります。

すっきりしたフェイスラインを手に入れるなら整形外科のエラ削り

エラが張っている顔というのは、我の強い印象を与えてしまいます。さらに、顔が大きく見えがちです。このエラさえなければ、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。整形外科で行うエラ削りとは、エラの骨を削る手術を行うため、顔を横から見た時のフェイスラインの変化には目を見張るものがあります。しかも、スッキリした優しい顔立ちになるため、まるで生まれ変わったような印象を受けるでしょう。手術内容としては、奥歯の歯茎の下の部分を切開して、出っ張っているエラの骨の部分と余分な筋肉を削る内容となっています。口内からの手術となるため傷跡が気にならないのも嬉しいです。手術後は角張ったエラが消えて、一気に小顔を手に入れることができるため、長年悩まされていたコンプレックスとさよならすることができます。

デメリットも知った上で整形外科のエラ削りを

整形外科でエラ削りの手術を行うと、張っているエラによって顔が大きく見え、頑固で気難しい印象を与えがちだった顔立ちが、小顔で優しい印象を与える顔立ちに大きく変化するメリットがあります。しかし手術は全身麻酔を伴う大掛かり内容となるため、術後の腫れや痛み、痺れといった副作用があります。また、術後3ヵ月程は話す時や、食事をする時に強い痛みを伴うこともあります。エラ削りというのは骨を削る手術内容となるため、このようなデメリットを伴うことを十分知っておく必要があります。そのため手術を行う際は、信用できる医療機関でしっかりとしたカウンセリングを行い、納得した上で手術に挑むことが重要です。デメリットもあるエラ削りですが、術後痛みや腫れなどが落ち着けば、まるで生まれ変わったような印象の顔つきになるため、十分なメリットを受けることとなります。