Menu

エラ削りを取り扱う整形外科の最近の傾向を解説

最近では整形を行う女性が増えています。気軽に行うようになった二重整形や、鼻を高くみせるヒアルロン酸注入やプロテーゼなどは人気が高いです。芸能人などをみて小顔になりたいと憧れをもつ女性も多く、顎やエラを削る小顔整形を行う女性もいます。削るという部分をみると少し怖い印象があるかもしれませんが、小顔整形では切開するエラ削り方法もありますが、ボトックス注射という注射だけで行う方法もあります。注射だけということもありプチ整形のひとつとして人気があります。ボトックス法は切開法とは違い永久というわけではないので3ヶ月から6ヶ月に1回と定期的に治療を受ける必要があります。エラ削りを行った後のダウンタイムは長くしばらくの間は痛みを伴うので余裕をもった期間を確保するようにしましょう。

整形外科でエラ削りを受けるメリットと注意点

輪郭形成を行うエラ削りは整形外科で行ってくれます。エラ削りとは顎やエラを切開する方法で、すっきりとしたフェイスラインで小顔効果が期待できます。エラ削りのメリットとしては、切開法なので半永久の効果が得られるということです。注射だけのボトックス法もありますが、直接エラを削ってしまうので1度行えば元に戻ることはありません。エラ削りは1度削ってしまうと元に戻すことはできないので、確実に施術を行える医師を選ぶことが重要です。施術方法や丁寧な説明と施術を行ってくれるかによっても、術後の痛みなどのダウンタイムも変わってきます。自分の顔のことなので、安心して任せられる医師を選ぶようにしましょう。カウンセリングをしっかり行い、分からないことや質問など聞いておくことが大切です。

エラ削りを行う整形外科の選び方

いざ整形をしようと思い整形外科を調べると、数も多く迷ってしまうかもしれませんが、失敗しないためにも押さえておくべきポイントをいくつか紹介します。輪郭形成では切開し骨を削るので、後遺症や副作用などがでるリスクがあります。特にエラ削りでは、神経の近くを削るので失敗すれば口周りに麻痺や痺れが残る可能性があります。失敗しないためにもエラ削りを行う場合には、輪郭整形を専門とする医師を選ぶようにしましょう。顔は1番人の目につきやすいところなので、施術後どのような見た目になるのか、違和感はないかなど親身にカウンセリングを行ってくれる医師を選ぶといいです。丁寧な説明により安心して施術することができます。麻酔も行うので安全性を考えると麻酔専門医がいるところがいいでしょう。専門医がいると安心できます。