Menu

絶対失敗しない整形外科のエラ削りのコツ

顔の輪郭をつくるのに重要な要素のひとつであるエラは、下顎骨と下顎角という部分から成りますが、下顎角が外側に広がっていたり、大きかったりすると顔の輪郭は大きく見えてしまいます。このような状態をエラが張っているといい、エラが横に張り出していると顔が四角く、下顎角が大きいと見る角度によってフェイスラインが大きく見えてしまうなど、エラが張っていることで顔の大きさにコンプレックスを持っている人も少なくないでしょう。顔の輪郭やフェイスラインを小さくしたい場合は、下顎角の骨を削るエラ削りを行うことで輪郭を綺麗にし、シャープなVラインをつくることができます。最近では、美容外科や整形外科でもエラ削りが気軽に受けられるようになり、エラ削りを行う人も増えていますが、エラ削りの手術を検討している場合は、手術を受けるメリットとデメリット、手術方法を事前にある程度学んでおくことが必要です。

整形外科でエラ削りを受けるメリット・デメリット

美容外科や整形外科で受けられるエラ削りは、奥歯の歯茎の下を切開して出っ張っているエラの骨と余分な筋肉を削り取るという方法で、口の中から手術を行います。エラをなくす方法は、ボトックス注射による方法も最近では人気ですが、注射の場合は持続性が少なく、定期的に注射しなければなりません。そのため、エラの張りを無くしたいという人にはエラ削りの方がおすすめですが、エラ削りにもメリットとデメリットがあるため、エラ削りの手術を受ける場合は手術を受けるにあたってしっかり把握しておくことが大切です。例えば、ボトックス注射とは違い永久に効果が持続するエラ削りは、傷跡が気にならないので顔の整形手術に抵抗のある人でも気軽に受けることができます。しかし、エラ削りは全身麻酔で行うため数日の入院が必要なほか、術後の腫れや痛み、合併症を伴う場合もあるなどリスクが高いというデメリットもあります。

整形外科でのエラ削りに失敗しないコツ

エラ削りの手術を検討している場合は、整形外科など手術を受ける医療機関選びもとても重要です。美容意識の高まりもあって、近頃は美容外科クリニックも続々と開院しており、ひと昔前よりもより気軽に整形手術が受けられるようになってきました。しかし、実際クリニックによって施術費用が大きく異なり、医師によって手術方法や処置が違う場合も少なくありません。そのため、理想のかたちで満足のいく手術を受けるためには、医師やクリニック選びも大事です。経験の豊富さや専門的な知識を持っているのはもちろん、カウンセリング内容や医師の人柄にもしっかり目を向け、医師やクリニックを選ぶこともとても大切です。また、しっかり対応してくれるクリニックを選ぶことも大事なポイントで、万が一痛みや腫れが治まらないなどの問題が起こった時でもアフターフォローや保証がしっかりしていればより安心だといえるでしょう。